集中力

集中の世界がどうなっているのか図解で解説してみる

人間の潜在能力を高める基本は「集中力」です。

その集中の世界が一体どうなっているのか、今回は解説していきたいと思います。

まずは下の図を参考にご覧頂いて、読み進めて下さい。

集中の世界の図です。

人間を凸レンズに例えて描いています。

人間はインプットされる情報、経験、概念(イメージ)を元にして常にある目的を達成しようとします。

目的と言ってもその人がとる行動すべてですので、日常の些細なことも含まれます。

その目的はレンズで言えば「焦点」です。

焦点という一つの完成系に向かって思考したり、行動したりします。

集中力の高い人はすべての情報を元に、上手く焦点を結べます。しかし集中力が欠如した人は、この焦点が合いませんので物事が上手くいかないということです。

下の図で言えば集中している場合目的行動は【A】という点で焦点が合い、目的は達成されます。

しかし集中力が欠如している人の場合は【B】とか【C】地点で物事を処理してしまうので上手くいかない事が起こるのです。

もっとわかりやすく自転車を乗る行為で説明しましょう。

誰も最初は自転車が乗れない状態からはじめて、練習し最終的には乗れるようになります。

練習中はバランスが上手く取れなくて、倒れたり足を着いて止まったりしてしまいます。これが【B】とか【C】の状態です。

自転車はある一点のバランスが取れた時に転ばずに進みます。

そして練習を繰り返す事で、【A】という地点で自転車を常に操作出来るようになります。

これは自転車を乗る行為が短期記憶から長期記憶まで保存出来たので、乗らない期間が長年合っても乗れるのです。

これを潜在意識と言います。

記憶の保管場所は小脳です。

そして集中をさらに突き詰めていけば、ゾーンという超能力領域に入ることが出来ます。

ゾーンについては次回解説します。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

関連記事

  1. 集中力

    超能力領域【ゾーン】に入ると物事はすべて上手くいく

    人間の潜在能力を高める基本は「集中力」です。車の運転をするに「…

  2. 集中力

    瞑想、ライフコードに欠かせない集中力とは

    テニスボールの2個積みは集中力を高めるトレーニング法の一つです。…

  3. ライフコード

    「直観力」を鍛える考え抜く長き時間

    「直観力」を鍛える考え抜く長き時間直観力と言えば、理論的な思考…

ご訪問ありがとうございます

  • 64現在の記事:
  • 3今日の訪問者数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 9昨日の訪問者数:
  • 35昨日の閲覧数:
  • 5717総訪問者数:
  • 9093総閲覧数:
  • 13一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2017年3月11日カウント開始日:
  1. セミナー関連

    ライフコードセミナーin岩手県
  2. ライフコード

    エピソード
  3. ライフコード

    失恋で傷ついた「置き去りにされた感情」の癒し方
  4. 集中力

    超能力領域【ゾーン】に入ると物事はすべて上手くいく
  5. ライフコード

    神の眼
PAGE TOP