ライフコード

青年が知覧で見たある特攻隊員

人間の記憶

ライフコードというメソッドの中には「過去世」「輪廻転生」という考えが基本で出てきます。

僕の中ではそういう仕組みはすでに当たり前となっております。それはいくつもの時代を魂って経験していきているんだ、という書籍だけではない自らの経験もいくつもしたからなのです。

その僕が経験した「過去世」にまつわる一つの不思議なお話を今回は書きます。

僕は三十代の頃にいろんな人が集まる社会人団体サークルを運営していました。年齢に関係なく友達を作ろう、みたいな趣旨の楽しい集まりでした。

下は十代から上は40代くらいの男女が参加して、スポーツやイベント、食事会を通して交流する団体です。多い時は700人くらいの人が在籍していました。

その中で竹内という大学を卒業したばかりの青年がおりました。精悍で爽やかだったので、女性にもモテていました。しかし、彼は若いくせにとても礼儀正しい男でした。忠義という言葉が似合いそうな、侍のようなイメージを僕は持っていました。

夏の頃、仲が良いグループが九州に旅行しようということになり、僕も誘われたので、行くことにしました。

僕は目的地が九州とだけ聞いて、その旅行に参加しました。

旅行は5、6人のみんな僕よりも若い男女だったと思います。(遠い記憶なので定かではありませんが)

高千穂峡から、阿蘇などの観光地を巡りました。そして鹿児島の方へ下りました。

「今度は何処へいくんだ?」

と聞けば、知覧だということでした。

知覧といえば昔第二次世界大戦の末期に、日本が特攻と呼んだ爆弾を搭載した零戦が飛び立つ飛行場があった処です。

➡知覧特攻平和会館

知覧へ行きたいと言い出したのはその竹内でした。

理由を聞いたけど、なぜか行きたいんです、と本人も明確な理由がわからない様子でした。

知覧特攻平和会館は鹿児島中央駅から車で約1時間の平野にあります。自然が美しい中を、運転が好きな竹内がレンタカーを走らせておりました。

自然な車窓を走っている中で竹内がフト独り言のように呟きました。

「なんかオレ、この道知ってる・・・」

友達たちは、田舎の風景など何処も同じようなので、お前の田舎もこんな感じだったからだろ、とか言って笑い合いました。

知覧特攻平和会館の中には当時の戦闘機が展示されていたり、当時の特攻隊員の遺品などもたくさんありました。タッチパネル式の解説や音声ガイドシステムの案内で、当時のことを色々と見て廻りました。

館内を進むと特攻隊員の遺影が居並ぶブースがありました。

そこでじっと佇む竹内に僕は気づきました。

竹内は一つの遺影をひたすら見詰めていました。

なんかおかしさを感じたので、僕が竹内に近寄り「どうした?」と後ろから声を掛けました。

僕は驚きました。

竹内が止めどなく涙を流しているのです。

「どうしたんだ!」

と驚いて竹内に声を掛けましたが、ボロボロ涙を流すだけで言葉にならないようでした。

僕はひょっとして遺影の中に、彼が自分の祖父でも見つけたのかと思いました。

が、次の竹内の言葉に僕はさらに驚きました。

「こ、これ、オレです・・・」

竹内は一枚の遺影を真っすぐに指さして、さらに泣いていました。

僕は、何がなんだかわからずただ竹内を見るしかありませんでした。でも今は何も聞かない方がよいような感じがしたので、ただ付き添っていました。

理由もわからず、異様な雰囲気を感じながら他のみんなと一緒に会館を出ました。運転を替わろうという僕の言葉に、

「どうしても行きたい処があるんです」

と、また竹内が不思議なことを言い出しました。

「何処へ行くんだ?」

と聞けば、これがまた不思議な彼の回答でした。

「わからないんです」

一緒にいるみんなは、訝しそうに顔を見合わせるだけでした。

竹内の運転で車を走らせました。

竹内はなんか勝手を知ってるように車に走らせます。時折「ここは確か・・・」みたいに、何かを確かめるような独り言を呟いています。

もちろん竹内も、僕たちと同様にこの知覧を訪れるのははじめだと旅行前には言っていました。それは嘘だったのかな、とも思いましたが彼が嘘を付く理由はありません。

車は県道23号線の旅館などが並ぶ往復二車線の道をゆっくり走りました。竹内はなんの地図も見ず、周囲の風景だけを見ながら、何かを思い出すようにハンドルを切っていきました。

かなり徐行しながら走り、県道の側道に車が止まりました。

僕たちは「ココは何処?」みたいに顔を見合わせました。

竹内は車を降りて、ある古い木造作りの旅館を見上げていました。
「ここか?」

と竹内に聞いてみました。

「たぶん・・・」

と、彼自身も半信半疑の様子でした。

その古びた旅館には「富屋旅館」と書かれていました。

僕たちはここ知覧には単に知覧特攻平和会館に行くことだけを目的に来たし、それに纏わる深い前知識は何もなく来たのでした。

ですので、この時はここが何なのかさっぱりわかりませんでした。

後に調べてみると、富屋食堂は、特攻の母として慕われた「鳥浜トメ」という人がしていた食堂で、出撃する特攻隊員をあたたかく迎え、そしてけっして帰って来ないとわかっている隊員を常に送り出してあげていた人でもあったようです。

➡富屋旅館

若い竹内はとにかく乗り物が好きで、仕事もトラックの運転手をしていました。子供の頃は電車の運転手になりたかったらしいのです。

でもけっして乗れない乗り物があると言っていました。

それは「飛行機」でした。

飛行機だけは、乗るのも怖くて乗ったことがない、というのを僕は一度竹内から聞いた記憶がありました。

竹内は本当に細面の眼の薄い、精悍な顔をしており、見れば見る程あの特攻隊の写真の中に混じっていてもおかしくないほどでした。

そんな体験も僕が「ライフコード」を書く、素材になっています。

関連記事

  1. ライフコード

    自分の内面は直接知ることは出来ない

    自分という人間は生まれて以来常に一緒にいるわけですが、自分というものを…

  2. ライフコード

    なぜ最近の流行歌は聞き取れないのかという原因を探ると

    今回のテーマは40歳以上の方なら納得されるかも知れない。しかし…

  3. ライフコード

    人生のスパーリングパートナー

    人生ってなんてしんどいものなんだろう?と、一度や二度は思ったこ…

  4. ライフコード

    自分を客観視する、そして表現する

    僕が行う「ライフコードを読み解く」というセミナーは、とてもおもしろくド…

  5. ライフコード

    輪廻転生

    ライフコードとは過去の自分の点を集め、その点を繋ぎ合わせて人生の傾向、…

  6. ライフコード

    人生のシナリオ

    ライフコードとは、生まれる前に自分とのソウルメイトで打ち合わせた「この…

ご訪問ありがとうございます

  • 236現在の記事:
  • 0今日の訪問者数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 13昨日の訪問者数:
  • 16昨日の閲覧数:
  • 7075総訪問者数:
  • 10214総閲覧数:
  • 15一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2017年3月11日カウント開始日:
  1. セミナー関連

    保護中: ライフコードセミナー2017.3in姫路
  2. 瞑想/珪素

    絶対意識
  3. 瞑想/珪素

    美しいものは正しい
  4. セミナー関連

    ウェイクアップ(覚醒)セミナーで潜在能力UP!イメージ伝搬(テレパシー)検証ワー…
  5. LC日誌

    ジーニアス:世紀の天才 アインシュタイン
PAGE TOP