ライフコード

「直観力」を鍛える考え抜く長き時間

「直観力」を鍛える考え抜く長き時間

直観力と言えば、理論的な思考とは真逆と考えて、なんか右脳的な閃きと考えがちだけどそれは違う。

直感を得るには、それこそ途方もない理論的に考える長き時間が必要なんだ。

ということをセミナーでは毎回教えています。

思考だけでたらりと額から汗が流れ落ちてくるほど考えて、「もう考えられない」とフッと焦点を逸らした時に、突如彗星のように降ってくる、それが直観というものです。

直感は突き抜けた時にやってくる。

それを今、将棋が俄かに脚光を浴びている時、それを言い表した記事があるので記載します。

少し長くなりますが紹介します。

 拙著、『知性を磨く』(光文社新書)では、21世紀には、「思想」「ビジョン」「志」「戦略」「戦術」「技術」「人間力」という7つのレベルの知性を垂直統合した人材が、「21世紀の変革リーダー」として活躍することを述べた。この第24回の講義では、「技術」に焦点を当て、拙著、『なぜ、マネジメントが壁に突き当たるのか』(PHP文庫)において述べたテーマを取り上げよう。

「サイコロ」を振って決断するマネジャー

 今回のテーマは、「将棋の世界が教える『直観力』を身につける二つの道」。このテーマについて語ろう。

 読者は、「直観力」を身につけたいと考えたことはあるだろうか。そう考えたことのある方のために、面白いエピソードを紹介しよう。

 企業の経営者やマネジャー、組織のリーダーは、時折、難しい意思決定に直面して悩み抜き、「サイコロ」でも振って決めたい心境になるときがある。

 実際、難しい意思決定に直面し、サイコロを振ったマネジャーがいた。これは、その実話である。

 ある企業で、熟練のマネジャーの斎藤氏(仮名:以下同)は、極めて重要な商品開発プロジェクトの意思決定に直面した。事前の市場調査も徹底的に行い、会議でも衆知を集めて議論を尽くしたのだが、それでもこの商品開発に踏み切るべきか否か、メンバー全員の意見が定まらない。そして誰よりも、その意思決定の責任者である斎藤マネジャー自身が、決断がつかなかったのである。

 開発費用を考えると大きなリスクを負ったプロジェクトであり、極めて難しい意思決定であった。しかし、それでも意思決定のタイムリミットは来ている。その会議において、どうしても結論を出さなければならない。

 会議の参加メンバーからは、「斎藤さん、決めてください」との声が無言で伝わってくる。メンバーは斎藤マネジャーの力を信頼している。最後は「斎藤マネジャーの直観力に賭けよう」との雰囲気である。

 そうした中、斎藤マネジャーは目をつぶり、しばし黙して考え込んでいたが、ふと目を開けて言った。

 「よし、サイコロを振って、決めよう…」

 唖然とするメンバーを尻目に、偶数ならプロジェクトの実施決定、奇数ならプロジェクトの実施見送りと決めて、斎藤マネジャーは意を決したようにサイコロを振った。

 全員が注視するなか、果たしてサイコロは「偶数」と出た。プロジェクトの「実施決定」である。

 その瞬間に、斎藤マネジャーが言った。

 「やはり、このプロジェクトの実施は見送ろう」

 さらに唖然とするメンバーを前に、彼は確信を込めて言葉を続けた。

 「今、サイコロの目が偶数の『実施決定』を示した瞬間に、心の深くで『いや、違う』との声が聞こえた。自分の直観は、やはりプロジェクトの実施見送りを教えている。自分は、その直観を信じるよ」

 斎藤マネジャーは、自分の直観力を引き出すために、サイコロを振ったのであった。

マネジャーやリーダーに求められる直観力

 このエピソードを聞いて、読者は何を感じただろうか。

 これほど極端な場面でなくとも、マネジャーとして難しい意思決定に直面し、サイコロでも振りたくなった経験を持つ人は少なくないだろう。しかし、どのような場面でも、この斎藤マネジャーのように、最後は自分の直観力を信じることができなければならない。

 もとより、企業の意思決定に携わる経営者やマネジャー、リーダーには、様々な場面で直観力が求められる。そのことは、現場経験の豊かな経営者やマネジャー、リーダーならば、誰もが感じていることであろう。

 では、どのようにすれば、直観力を身につけることができるのか。

 その問いを胸に、例えば、『直観力訓練法』『右脳強化法』『座禅と直観力』などのタイトルの本を手に取ってみた読者もいるのではないだろうか。

 おそらく、これらの読者は、「直観」という世界は「論理」という世界の対極にあり、「感覚」や「感性」を磨くことによって身につく能力であると考えているのであろう。

 そのため、これらの読者は、「感覚を研ぎ澄ます訓練」や「感性を高める修練」、さらには「宗教的な修行」などの方法こそが、直観力を磨いてくれると考えているのであろう。

 では、そもそも「直観」とは、果たして「論理」という世界の対極に向かうことによって身につく能力なのであろうか。

 そのことを考えるために、もう一つ、エピソードを紹介しよう。

● 「論理思考」から「大局観」へ

 これは、かつて将棋の世界で五つの永世称号を得た、大山康晴氏のエピソードである。

 冬のある日、将棋会館での用事を終え、大山名人が帰ろうとしたとき、部屋の出口の近くで若手棋士たちが「詰め将棋」をやっていた。

 その詰め将棋は極めて難しいものであり、天才的な資質を持って修練に励んでいる若手棋士たちが集まっても、なかなか解けないものであった。

 このとき、大山名人はコートを着ながら、その横を通り過ぎ、出口のところで振り返って、「諸君、お先に」と挨拶をした。そしてそのとき、一言つけ加えた。

 「ああ、その手は何手目で、何で詰むよ」

 驚いた若手棋士たちが、その後、詰め将棋を解いたところ、果たして大山名人の言葉通りになった。そこで、感銘を受けた若手棋士の一人が、後日、大山名人をつかまえて聞いた。

 「大山先生。先生は、あの何百通りの手を、あの入口まで歩む数秒間に、すべて読まれたのですか?」

 この質問に対して、大山名人は答えた。

 「いや、手を読んだのではないよ。大局観だよ」

 もし読者が、直観力というものを身につけたいと考えているならば、この大山名人のエピソードから深く学ぶべきであろう。大山名人が、いかにしてその「大局観」を身につけたのか。そのことを深く学ぶべきである。

 それは、言うまでもなく、生まれ持って身についていた力量でもなければ、ある日突然天から降ったように身についた力量でもない。

 我々が、このエピソードから学ぶべきことは、明らかであろう。

 これほどの大局観を持つ大山名人もまた、かつて、この若手棋士たちと同様、難しい詰め将棋を前に、また実戦の盤面を前に、手を読んで、読んで、読み抜くという極限的な修練を積んできた。そして、その極限において、この大局観という能力を身につけたのである。

 言葉を換えれば、「論理思考」によって考え、考え、考え抜いたとき、その極限において、大局観の世界が開けたのである。そして、このことは大局観だけでなく、直観力においても同様であろう。

 されば、我々は、一つの「逆説」を理解しなければならない。

 大局観や直観力と呼ばれる力を身につけるためには、実は、「論理」に徹することが近道なのである。

 すなわち、天才と呼ばれる棋士だけでなく、歴史的発見でノーベル賞を受賞した科学者も、勘が鋭いと言われる名経営者も、直観力に優れた先人たちは、まず「論理思考」に徹する時代を経て、大局観や直観力を獲得していったのである。

 しかし、残念ながら、多くの人々が、このことを誤解している。

 直観力とは、「論理」とは対極にある「感覚」や「感性」の力を磨いていくことによって獲得されるものであると誤解している。

 しかし、真実は、その逆にある。

 「論理」に徹すると、「直観」の世界に突き抜けていく。

 それが真実であろう。

 言葉を換えれば、

 一つの極に徹すると、その対極に突き抜けていく。

 それが、タオイズムなどの東洋思想において古くから語られる、我々が生きる世界の「理(ことわり)」に他ならない。

「論理」に徹する道

 例えば、企業の現場において、「あいつは理屈っぽいから、勘が鈍い」などの批判の言葉を耳にすることがある。たしかに、こうした批判が当てはまるマネジャーやビジネスパーソンはいるが、こうした批判は正確に行われるべきであろう。

 実は、このマネジャーやビジネスパーソンは、「論理的である」がゆえに直観力を身につけられないのではない。「論理に徹することができない」がゆえに直観力を身につけられないのである。

 残念ながら、論理を究め、突き抜ける世界まで行くことができず、「中途半端」なところで終わってしまっているのである。

 このことを、さらに別の将棋のエピソードで考えてみよう。

 羽生善治棋士のエピソードである。

 彼が若き日に、パソコンを用いたデータ重視や分析重視の方法で鍛錬をした、文字通り「論理思考」の修業を極めた棋士であることは、誰も疑わないだろう。

 しかし、かつて七冠を獲得した直後のテレビでの対談において、対談相手の若手哲学者に「対局中、どういう心境なのですか?」と聞かれて語った次の言葉は、極めて興味深い。

 「将棋を指していると、時折、ふっと『魔境』に入りそうになるんです」

 この言葉は、何を意味しているのか。

 「魔境」とは、心理学用語で言われる「変性意識状態」(Altered States of Consciousness)のことであり、直観力や大局観、洞察力など、人間の特別な能力がひらめく意識状態のことである。

 すなわちこのエピソードは、数々の実戦を通じて、手を読んで、読んで、読み抜くという「論理に徹する修業」を積み重ねていくと、その意識が「論理の世界」を突き抜けて、「論理を超えた世界」へと入っていくことを示している。

 この機微を、哲学者のヴィトゲンシュタインが、『論理哲学論考』という著作の中で、次の言葉によって語っている。

 「我々は、言葉にて語り得ることを語り尽くしたとき、
言葉にて語り得ないことを知ることがあるだろう」

 「直観の世界」とは、実は、このヴィトゲンシュタインの言葉が表す世界に他ならない。

 この言葉を、少し読み替えてみるならば、次の言葉が浮かび上がってくる。

 「我々は、論理にて究め得ることを究め尽くしたとき、
論理にて究め得ないことを知ることがあるだろう」

 すなわち、「どうすれば、直観力を身につけることができるのか」という問いに対する答えは、大いなる逆説の中にある。

 そのためには、「論理の世界」を突き抜けるまで「論理思考」に徹する修練が求められるのである。「直観の世界」とは、論理の彼方に突き抜けたとき、到達する世界に他ならない。

 しかし、その世界に突き抜けるために求められるものは、実は、いかなるマニュアルでもテクニックでもない。

 徹すること。

 そのことだけであろう。

 だが、この「徹する」ということは、言葉にすることはたやすいが、極めて困難なことでもある。なぜならば、何かに「徹する」ということは、人間にとって最も高度な精神力が要求される行為だからである。

 そのことを理解するならば、なぜ、これほど直観力を身につけたいと願う人々がいるにもかかわらず、それを身につける人が少ないのか、その理由が分かるだろう。

「無心」であるときにひらめくもの

 しかし、直観力が身につかないとき、そこには、もう一つの理由がある。

 昔から、勝負ごとの世界には、「直観は過(あやま)たない、過つのは判断である」という格言がある。そして、ビジネスの世界においても、この言葉の正しさを経験的に感じている熟練の経営者やマネジャーは多いだろう。

 例えば、仕事において極めて重要な問題が発生する。その瞬間に、第六感が「ピーン」と教える答えはあるのだが、その後、様々な分析や検討を進めていくにしたがって、別な答えが正しいように思えてくる。

 そこで、その別の答えを選ぶという判断を下すのだが、結果は最初の直観が当たっているという皮肉な展開となってしまう。

 そうした苦い経験を持っている熟練の経営者やマネジャーは少なくないだろう。

 では、こうした場面で、なぜ「判断」が過つのか。

 そのことを考えるとき、羽生善治棋士のもう一つのエピソードが、大切なことを我々に教えてくれる。

 1994年に行われた竜王戦第六局における、佐藤康光棋士との対局でのエピソードである。

 羽生棋士が、先手であるにもかかわらず、開始後数分間、先手を指さない。目を閉じて、何か考え事をしている。通常ならば、前日の夜か当日の朝には、先手に何を指すかは決めているはずなのだが、指そうとしない。そして、対局者の佐藤棋士がいぶかし気に見つめ、周囲に心の波が伝わり始めたとき、ようやく羽生棋士が目を開け、先手を指した。

 後日、羽生棋士は、詩人吉増剛造氏とのテレビでの対談において、このとき先手を指さなかった理由を、「突然、迷いが生じたのですか?」と聞かれ、答えている。

 「いえ、そうではありません。静寂がやってくるのを待っていました」

 これは、決してカメラのシャッター音が騒々しかったということを述べているのではない。大勝負の一番において、最も大切な先手を指す瞬間に、どのような「心境」でそれを行うかにこだわったのである。

 そして、こうした「心境」の大切さは、極めて責任の重い決断を迫られた経験のあるマネジャーならば、理解できることであろう。

 されば、このエピソードが教えてくれるものを、誤解を恐れずに言おう。

 深い直観力が求められる重要な意思決定の場面において、
 最も大切なことは「何を選ぶか」ではない。
 最も大切なことは「いかなる心境で選ぶか」である。

 このことの意味は、実際に重い責任を担って極めて難しい意思決定を行ってきた経営者やマネジャーには、深く理解できることであろう。

 なぜ、羽生棋士が答えたような、「静寂がやってくるのを待つ」ことが大切なのか。

 それは、苛立ち、焦り、不安、恐怖などのエゴに振り回され、騒々しい心境で意思決定を行ったときには、直観力が曇り、誤った判断に流されてしまうからである。

 逆に、「無心」の境地にあるときには、不思議なほど、直観のひらめきが訪れる。

 おそらく、冒頭に紹介した斎藤マネジャーは、重い責任と周囲の期待が生み出す胸中の雑念を振り払うために、あえて「サイコロ」に意思決定を託し、「無心」の境地でそれを振ることによって、直観のひらめきを待ったのであろう。

 このように、直観力を身につけるためには、「論理に徹する」という修業を続けるとともに、その意思決定の瞬間には「無心であること」が求められるのである。

 そのことを、将棋の世界は教えてくれる。

将棋の世界が教える「直観力」を身につける二つの道/ダイヤモンドオンライン

関連記事

  1. ライフコード

    輪廻転生がわかる書籍紹介10冊

    ライフコードをマスターするには「輪廻転生」という魂の遍歴のシステムを理…

  2. 集中力

    超能力領域【ゾーン】に入ると物事はすべて上手くいく

    人間の潜在能力を高める基本は「集中力」です。車の運転をするに「…

  3. ライフコード

    この世とあの世の仕組み、不自由さの体験記

    人は生まれて来るときに「使命」を持って生まれてきます。どんな人…

  4. ライフコード

    なぜ最近の流行歌は聞き取れないのかという原因を探ると

    今回のテーマは40歳以上の方なら納得されるかも知れない。しかし…

  5. ライフコード

    ライフコードセミナーin盛岡市開催【2017.6.6.tue】

    岩手県盛岡市で開催されます「ライフコードセミナー」のお知らせです。…

  6. ライフコード

    魂と理性の一致

    セミナーの最後の方でウルウルしちゃいました。これは一体何の涙⁉️…

ご訪問ありがとうございます

  • 35現在の記事:
  • 5今日の訪問者数:
  • 5今日の閲覧数:
  • 40昨日の訪問者数:
  • 44昨日の閲覧数:
  • 6651総訪問者数:
  • 9491総閲覧数:
  • 12一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2017年3月11日カウント開始日:
  1. 瞑想/珪素

    美しいものは正しい
  2. ライフコード

    愛と感謝の法則
  3. ライフコード

    生き方が変わる
  4. ライフコード

    アンラッキーと思うなかれ、それは自分で設定したトレーニングです
  5. ライフコード

    失恋で傷ついた「置き去りにされた感情」の癒し方
PAGE TOP