プロローグ

自己紹介

僕は1961年神戸で生まれ、神戸で育った。生粋の神戸っ子だ。若い頃進駐軍に勤めていた親父の影響で幼少の頃からアメリカ映画をよく(強制的)に見せられた。時にはそれは試験前であっても「これはいい映画だから見ろ」と言われ、TVの前に座らされたこともある。子供心に明日の試験の事を考えて、いい迷惑だと内心不貞腐れていたことだ。

小学校時代から観ていた外国映画は、その後僕に思いもよらぬほど影響することになる。中学の頃になると自ら好きな映画は映画館に出向き一人でも観るようになっていた。

高校は神戸の進学校だった。学年の90%以上は進学を希望し大学へ進む。当然最初僕もそんな道へ進むのだろうと進学のための勉強を普通にしていた。高校3年の時、受験勉強で近くの図書館で勉強していた時だ。その時に何を思ったのか「オレは映画監督にならないといけない」と突然そんな思いが強烈に起こった。

まあそれまでは映画は好きだったが、何も映画監督になろうと思うほどでもなかった。ところが夏の暑い最中、勉強していると雷鳴のように頭の中にそんな考えが飛来したのだ。

自分でも一時的な事だと思っていたが、時間経過と共にその想いは覚めることはなかった。そして僕が取った道は、シナリオライターになるため大阪にある脚本家の養成所に通うことだった。

友人のほとんどは受験し、志す大学が決まった者は大学に次々と進学していった。僕は受験などする気は消え失せていたので、高校在学中からすでにシナリオライターになるための養成所に通い出していた。

養成所は2年間基礎を学ぶ本科があり、その後は研究科という処でさらに実技を習得する技術を学ぶ。僕はとにかく何でもよいので現場で仕事がしたかった。しかし脚本家というのは調理師みたいな人の紹介で「あそこで働くか」みたいに簡単にはいかない。

養成所は夜学であり、通うにも費用が必要だった為昼間は先輩が紹介してくれたホテルで働いていた。ホテルの飲食部門でのサービスだ。実は僕はこの世で一番成りたくない職業に「ウエイター」があった。しかし現実にはその一番成りたくないウエイターを昼間の仕事としていたわけだ。なぜ一番成りたい職に就けず、一番成りたくないと思っている仕事をしないといけないのだ。当時、僕は焦りと共にそれをずっと思っていた。後でこの世の「見えない仕組み」が理解出来た時、その謎は解けることになるのだけど、まだ二十歳過ぎの僕には全然理解出来なかった。

ホテル勤務というのは長時間拘束だ。朝9時出勤で終わりは9時くらいの12時間拘束。長い分休憩時間は昼食1時間、夕食1時間、途中休憩1時間ほどがある。養成所の講師から「時間があるなら本を読め」と言われていたので、休憩時間中はほとんど喫茶店で読書に耽っていた。

ある日、読書のための読む本を本屋で物色していた時、書棚の中に「信念は必ず実現する」というタイトルの本を見つけた。著書は東海大学の教授の名前で聞いたことも無い人だった。立ち読みでパラパラ見た内容は、人間は強い信念を抱けば自分がイメージすることは必ず実現する、みたいな事が書かれていた。今でいう「引き寄せの法則」のような内容だったが、その当時はまだ「引き寄せの法則」などが書かれた本は一切無かった。

「そんな思うだけで現実になるなら、苦労はしないよ」

と立ち読みで読むほどに思ったのだけど、本屋を出る時にはその本を購入して小脇に抱えていた。書かれている内容は「思考は現実化する」のナポレオン・ヒルや「引き寄せの法則」本じみた内容だったと思う。しかし、その筆者である教授の文章が異様に熱があり情熱を持って書いているということは伝わってきた。

当時は早く今のサービス業から足を洗い、自分が目指す創作の道へと入りたかった。藁をもすがる思いもあり、その本に書かれているメソッドを忠実に実行してみた。(内心は半信半疑の処も多かったと思う)

しかし、その本を買って1ヵ月後くらいだったと思う。僕の状況に驚くような変化が起きたのだ。僕は嫌々していたサービスの仕事を辞め、商業劇場の演出部に入れていたのだ。

そお、望む仕事に就けたのだ。

いきなり舞台監督として、東京、名古屋、大阪にある劇場で俳優や大物歌手が座長となる座長公演に付いて回る仕事がはじまる。どうしてもやりたいと望んでいた世界だけに、見る事体験することがすべて刺激的であり月日が経つのさえ忘れるほどだった。

ある公演に大俳優の丹波哲郎さん(故人)が配役として出る公演があった。僕は丹波哲郎さんには、とてもかわいがって貰った。なぜ丹波さんによくして貰ったかと言えば、生前TVなどでもみなさんご存知の通り丹波さんは「あの世からの宣伝使」という肩書があったのを覚えていると思う。

そして実は平素もあの通りで「あの世はあるのだ~」と、一般の人には訳の分からぬことばかり大層に大真面目に言う人だった。そういう事を平気で話してくるので、普通の人はなかなか話が合わない。ところが僕は不思議なことが大好きだったので、丹波さんのいう事がわかり会話が出来た。「お~、きみはなかなか若いのに話がわかるな~」ということで、終演後にはよく食事にも呼ばれることが多かった。

「ウシオダくんはなぜこの世界に入った?」

と不意打ちの喰らった格好で、いきなり丹波さんに聞かれた「昔から外国映画が好きで・・・」と話しながら、フトこの世界に入れたきっかを思い出そうとした。そうだ、自分の進むべき道へなかなか入ることが出来ない時、あの本を読んだからだ。僕はあまり過去を振り返ることはしないので、やっとあの時の不思議な展開のことを思い出した。

「信念は必ず実現する」

半信半疑で読んだ本の内容を、そう言えば実践していたっけ。そうすると自分が望む現実となった。しばし考えれば、全くの偶然か、それともあの本に書かれていたメソッドが本当のものだったのか。

正直僕にはその答えがわからなかった。

確かにあの本を読むまでは八方塞がりのような状態で、自分のやりたい事が出来ない状態で焦り絶望感も若干あった。しかし、どう考えても打破しようのない状態が嘘のように好転した。

僕は押入れの中からその時読んだあの本を探し出した。当時一度だけ読んだだけだったので、再度読み直してみることにした。そして、それに関連する書籍を次々と読むようになった。果てはビジネス書から、スピリチャルな本、その中で紹介されているヒーラーとかチャネラーという人たちも会いにいった。

この三次元の世の中は確かに目に見えるモノで出来ている。しかし、その反面「目には見えないけど確かにあるもの」も存在している。それは「運」とか「縁」とか「チャンス」とか「心」とかいうものもそうだ。

僕はそういうモノに急激に興味を覚えていった。そしてその仕組みがどうしても知りたいと思うようになった。なぜならその仕組みをきちんと知ることで、以前僕が体験したように、自分の願う事思うことが実現したらこんないい事はない。そう思ったからだ。

僕はその後も色々な宗教の現場にも行った。厚木山の山頂の寺に籠って座禅や、導師が着る御衣を着て山を歩き回ったこともある。訳のわからないチャネラーにも会い、どう見ても怪しいとしか思えない霊感を持つという人にも数えきれないほど会った。

しかし、、、

何年も探し回ったけど、僕が求めた答えはどこにもなかった。

半分諦めの心境になった時、僕は「瞑想」というものをインターネットで見つけた。瞑想という言葉は、本の中などで聞いたことはあるけど、詳しくは知らなかった。東京で「瞑想」を教えているという人のホームページを見つけて、そこに書かれている瞑想についてみたいなものを読み漁った。

ひょっとして僕が探しているものは、この「瞑想」をすることで見つけることが出来るのかもしれない。と思ったらすぐに僕はメールでそのホームページを管理している瞑想の講師へメールを打った。

習うにも神戸と東京なので距離的な物理的な問題がある。定期的にその東京の瞑想の先生とメールだけはしていた。するとある日、その先生からのメールで「この度神戸にも瞑想を教える講師が誕生しました」との知らせがあった。

僕はすぐさまその神戸で瞑想を教えることになった先生を訪ねた。それは12月の雪が降る寒い夜だったのを覚えている。その瞑想の成りたての先生は、まだ二十代の若いかわいい先生だった。僕が生徒になりたい旨を伝えると「わたしでいいの?」みたいに言われたのを今でも覚えている。

それをきっかけにして僕の瞑想ははじまり、今でも続けているということだ。

その若いかわいい先生からは、瞑想はもちろんスピリチャルな事の多くも学んだ。そしてその瞑想の先生から、とあるチャネラーを紹介して貰う。チャネラーという種族の人には、これまで嫌という程会っており、そして失念することがあまりにも多かったので、紹介してくれると言われた時も正直言ってあまり嬉しくは思わなった。

僕は当時「過去世」と「輪廻転生」という仕組みに興味を持っていたのを知り、その瞑想の先生はそのチャネラーを紹介してくれたということだ。まあ、先生なので取り敢えずそのチャネラーを訪ねることにした。

しかしいざ会ってチャネリングをして貰ったら、実際のところ僕は驚いた。そしてこの人はおそらく「本物」であろう、とも思った。そのチャネラーはこちらが持参した人の顔写真を見て、その人の過去世と僕の関係性を言い当てる。それは少しの考えもなく、まるでそこに書いているかのように具体的に言う。

僕はこれまでの自称チャネラーという人種を多く見ているので、その時もその人がどの程度の事をいうのかということで、ダミーの写真も何枚か仕込んでいたのだ。しかしそういう僕とはあまり関係性の無い人は「道ですれ違ったくらいでしょう」といい、やはり今世でも関りの深い人は、思い当たる過去世をリーディングする。

僕はそれもきっかけとして益々「過去世」「輪廻転生」などの仕組みを学び、自分なりの体系を持つようになった。

その集大成として、僕が得た知識・知恵などを必要と思う人へ一つのコンテンツとしてシェアしようと思っています。

それが「ライフコード」だ。

必要とされる方は、この先もどうぞ読み進めてみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

関連記事

  1. プロローグ

    ライフコードfacebookグループについて

    ライフコードのデジタルブックの購入者、セミナー受講者、もしくはメルマガ…

  2. プロローグ

    はじめに

    人生にはライフコードというものがある。ライフコードとは何かと云…

ご訪問ありがとうございます

  • 54現在の記事:
  • 3今日の訪問者数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 9昨日の訪問者数:
  • 35昨日の閲覧数:
  • 5717総訪問者数:
  • 9093総閲覧数:
  • 13一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2017年3月11日カウント開始日:
  1. レクチャー

    パーソナルレクチャー
  2. ライフコード

    愛と感謝の法則
  3. 瞑想/珪素

    脳神経外科医が「スマホ認知症」のおそれ指摘、うつ病にも
  4. ライフコード

    生き方が変わる
  5. セミナー関連

    ライフコードセミナー補足説明/魂と理性の一致他
PAGE TOP