セミナー関連

ライフコードセミナー補足説明

3月8日(水)兵庫県は姫路というところで「ライフコード」のセミナーをしました。

参加されました方々はすでに僕の基本的な能力UPのセミナーも経験され、知性豊かで波動の高い方ばかりでした。

ライフコードのエピソードの断片を発表するスピーチも全員にして貰ったのですが、驚くほどみなさん表現が上手く驚きました。

ここでは来月ライフコードを解き明かすに必要な「直観力」を養う「瞑想」のセミナーを行う予定です。

とても楽しみです。

セミナーに参加されましたみなさんへ、補足的な説明をここに付け足して置きますので参考にして下さい。

自分のエピソードを眺める時は、主観をはずす

自分のライフコードを紐解く方法を時代別にピックアップし、リストアップする手順をセミナーで教えました。

最初はそのエピソードが何を意味するのかわからない点もあります。そういう場合は無理して理由付けせずに、印象に残るものであってもそのまま置いておいて下さい。

必ず意味づけする必要はありません。

ご自分の一つの気になるエピソードだということだけ認識しておくだけで十分です。

エピソードが幾つか並んでくると、それらを眺めて下さい。観察するのです。

観察する時のコツは、主観を入れずに眺める。

ということです。

人間何かを見る時、必ず自分の主観を通して物事を見ます。それは正確な観察とは言いません。あくまでも主観をはずして、単に眺めて下さい。

そうすることで気づくことがあります。

人生の繰り返しパターンは、メッセージの認識不足

一つ一つの記憶に残る人生の中からエピソードをピックアップする作業は「点」を集めている、ということです。

人生とは数多くの点が無数に繋がっているものです。

ですのでライフコードを眺めて行くときも、その点と点の共通項を眺めるということに意識するれば気づきが多くなります。

その共通項として多いのが「繰り返し」です。

なんか、わたしって似たような事を繰り返しているなぁ、という発見も多くあるはずです。

繰り返しのパターンは、メッセージに気づいていないという現れです。

一番多くある傾向ですね。

デフォルト・モード・ネットワークを活用する

脳の機能に「デフォルト・モード・ネットワーク」というものがある。これは脳科学の言葉だ。

昔は人間が活動している時に脳は活発な動きをしており、休んでいる時は脳もある程度休んでいると考えられていた。でも最近の研究で、何もしていない時の脳の活動量は活発に人が動いている時と脳自体の活動量はそうかわらないらしい。(5%程度少ないだけ)

それがワシントン大学のマーカス・レイクル教授らが提唱した新しい脳機能の名前「デフォルト・モード・ネットワーク」ということだ。

この学術を簡単に乱暴に訳すなら、脳というものは常に自分が「生きやすく」するためにフル活動している。そしてそれは特に意識が何もしていない時に、よく働くということ。要は、脳は肉体的に休んでいる時もひとしきり考えているということ。

ライフコードの解析もこの「デフォルト・モード・ネットワーク」機能を使えば、時に正確な「気づき」を得られる。

エピソードを書き出して、その中に潜んでいる「気づき(メッセージ)」に無理やり意味づけする必要はない。

事象だけを並べて、後はこの「デフォルト・モード・ネットワーク」に任せる、という方法もある。


送受信の法則、自己表現の大切さ

セミナーの中でもここでも人間も「送受信」のバランスが大事だということを何回も言いました。

ちなみに、人間の送信機に当たるのは「胸腺」です。

そして受信機に当たる部分が「松果体」です。

人は日常何もしなかったら受信が多くなるものです。でも基本的に人は自分から送信(自己表現)をするのを望んでいます。

人は誰でも自己表現を望んでいるものなのです。

その証拠がfacebookの登場と共に利用者があっと言う間に世界的に広がったのが、その現れだと僕は思っています。

facebookというものは個人が簡単に出来る「自己表現」のツールなわけです。

最初そのツールの魅力がわからなかった人でも、自分の何気ない投稿に「いいね」や「コメント」を貰うというフィードバックを受けて、その自己表現のおもしろさが分かったのです。

SNSの流行は、総表現者の時代を創りました。

ライフコードのセミナー中、参加者のみなさんにスピーチをして貰いました。全員でこの「送受信」の空間を造り出したから、何かわからないけど楽しかった(充実を覚えた)ということです。

セミナー後「自分は自分の想いを表現するのは超苦手でした」という感想を個人的に貰いました。苦手意識を持つということは、裏返せば「本当はそうありたい」という気持ちの現れです。

きっとこの方も今後、送信を意識的に行う事で自分の中のバランスがとれて、今以上に良い状態になって自ら持つ波動はさらに上がってくるでしょう。セミナー中は、とてもいい笑顔をされていました。

好きな事と得意とすること

ライフコードを探すとき、自分の好きな事と得意とすることにも気を付けて見れば自分の使命となるものを見つけやすいかもしれません。

好きな事が必ずしも自分の一番得意とするものと合致していません。

得意とする事が案外自分の嫌いなジャンルに長けている場合も多くあります。

僕がそうでした。

僕は本来一人だけでする仕事が好きで、当初そういう仕事ばかりを選んでしていましたが、気が付けば多数をまとめる役柄に付いてばかりです。

みなさんも自分史を振り返れば、そういう部分が浮き彫りにされてくるかもしれません。

好きではないジャンルで、なぜか能力を発揮出来てしまう。案外そういう部分に自分の「使命」があるものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

関連記事

  1. セミナー関連

    世の中を丁寧に見て、丁寧に生きる

    僕が提唱する「ウェイクアップセミナー」の一連で伝えたい学んで欲しい事の…

  2. 瞑想/珪素

    保護中: 珪素瞑想セミナーin岩手県(2017.3.27)

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  3. 瞑想/珪素

    姫路で「珪素瞑想セミナー」を開催しました(3)

    僕の瞑想セミナーに参加されました方々は、その後facebookやLIN…

  4. ライフコード

    自分を客観視する、そして表現する

    僕が行う「ライフコードを読み解く」というセミナーは、とてもおもしろくド…

  5. ライフコード

    魂と理性の一致

    セミナーの最後の方でウルウルしちゃいました。これは一体何の涙⁉️…

  6. セミナー関連

    才能とは過去世で培った能力の記憶

    小さな子供さんを持つお母さん方を対象としたセミナーを定期的に行っていま…

ご訪問ありがとうございます

  • 65現在の記事:
  • 4今日の訪問者数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 22昨日の訪問者数:
  • 41昨日の閲覧数:
  • 4880総訪問者数:
  • 7628総閲覧数:
  • 12一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2017年3月11日カウント開始日:
  1. ライフコード

    アンラッキーと思うなかれ、それは自分で設定したトレーニングです
  2. セミナー関連

    才能とは過去世で培った能力の記憶
  3. LC日誌

    ジーニアス:世紀の天才 アインシュタイン
  4. 瞑想/珪素

    432Hzは意識の特質を統一する
  5. 集中力

    瞑想、ライフコードに欠かせない集中力とは
PAGE TOP