セミナー関連

ライフコードセミナー補足説明/魂と理性の一致他


魂と理性の一致

自分の人生を自分の思うように、そして満足して生きるには「魂と理性の一致」が必要です。

魂には自分のこれまでの過去世の記憶から、そして今世でやりたいことが記憶されています。その記憶はライフコードという暗号化され封印されているものなので公に噴出されるものではありません。しかし魂はなんとかしてその想いを理性に届けようと、色々なメッセージを送ります。

理性とは生まれてから社会に適応するようにプログラムされているので、子供のような魂を受け付けないことの方が多いのです。

それは親と子供の関係に似ています。

親は社会的な経験により、社会の仕組みや世間体を子供に躾や教育という形で教え込ませます。

「あなたはお兄ちゃんなんだから」

「いい学校に行けないよ」

「宿題をしなければ先生に怒られるでしょ」

などなど、常に社会に適合するように「枠」にハマる人間へと導いてくれます。

しかし、それが絶対的に正しいものでしょうか?

子供にとっては見かけはいいけど、窮屈な服を無理やり着せられるようなものかもしれません。その多くは子供に選択肢がないものが多ほとんどです。

そうして育てられて教育された子供は、大人になってもこれまでの環境で作られてしまった「理性」に雁字搦めになります。

本来自分の「使命」や「目的」を知っている魂からの声などまるで無視されるということです。

しかし、本当はどんな人でもこの世で「成し遂げなければならない事」「やらなければならない事」を持って生まれてきています。それを成し遂げることがこの世での学びとなり、また充実感を味わえる一番の喜びとなるのです。

そうするには「魂と理性の一致」が必要なのです。

利他先の法則

動画の中では、人の現在の状況を水槽に浮かせた船に乗っている人と例えました。

船の位置は丁度水槽の真ん中辺りに浮いています。

そしてその船に乗る人は、なんとか船の位置を上げて水槽の一番上を目指します。

これは生きていて、周囲の環境に囲まれている様子です。

船を上昇させたいがために、ある人は廻りの水を集めて船を今の位置より底上げしようと思います。そんな事は考えてみても無理なことだと分かりはずです。が、実社会ではこういうことをしている人が至極多いのです。

理に適わないことを「無理」と言います。

人生とは決して自分一人で生きていけるものではありません。自分と自分を取り巻く周囲の人と一体となったものが「自分の人生」です。

では水に浮かんだ船を上昇させるにはどうしたらいいかと言えば簡単です。水槽にどんどん水を入れて、水面全体を上げればいいのです。

自分を取り巻く環境で言えば、自分の周囲の人をどんどん上昇させればいいのです。人を上昇させるとは、その人を色々な形で喜ばせればいいのです。

自分の周囲の人の底上げで、最終的には自分の位置も上がります。

自分よりもまず自分の周囲にいる人たちに利益をもたらすことを考え実行する。それの結果として、自分の位置も底上げされる。

それが「利他先の法則」です。

関連記事

  1. セミナー関連

    才能とは過去世で培った能力の記憶

    小さな子供さんを持つお母さん方を対象としたセミナーを定期的に行っていま…

  2. セミナー関連

    保護中: ライフコードセミナー2017.3in姫路

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  3. 瞑想/珪素

    珪素瞑想in岩手県

    3月27日に岩手県は盛岡市にある「ダイヤモンドクローバー」さんのサロン…

  4. 瞑想/珪素

    珪素瞑想セミナーin岩手県

    明後日、岩手県は盛岡市で「珪素瞑想セミナー」を行うので楽しみです。…

  5. セミナー関連

    ライフコードセミナー補足説明

    3月8日(水)兵庫県は姫路というところで「ライフコード」のセミナーをし…

  6. セミナー関連

    ライフコードセミナーin岩手県

    3月27日に岩手県は盛岡市にある「ダイヤモンドクローバー」さんのサロン…

ご訪問ありがとうございます

  • 66現在の記事:
  • 6今日の訪問者数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 25昨日の訪問者数:
  • 48昨日の閲覧数:
  • 10265総訪問者数:
  • 14844総閲覧数:
  • 17一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2017年3月11日カウント開始日:
  1. ライフコード

    死から今を考える
  2. ライフコード

    この世とあの世の仕組み、不自由さの体験記
  3. ライフコード

    輪廻転生がわかる書籍紹介10冊
  4. 瞑想/珪素

    瞑想後のエクスタシー
  5. ライフコード

    送受信の法則、自己表現の大切さ
PAGE TOP